初期費用0で新車を買おう

就職や転勤などで、すぐにでも車が必要になった場合、では現金で、とポンと払うのも厳しいかと思います。そこで使える存在になるのがマイカーローンです。ローンなら毎月の返済を行って、車が購入できます。しかし、まさか初期費用0円で新車は変えないと考えている人が意外と多いです。

 

 

実際に初期費用0円で新車の購入が可能かどうか、まとめました。

 

頭金0円で新車が買えるのか

普通という言い方も変ですが、マイカーローンを組む時に頭金を払う人が多いです。車両本体価格が180万円だとして、頭金で50万円を納めるならば、残り130万円の部分をローンで支払っていきます。

 

頭金があった方が、後々の返済の負担も少なくて済みます。少しでも頭金が多ければ、返済額も払う利息も少なくなるので、頭金が多いに越したことはありません。問題は、頭金0円で新車が買えるかどうかです。

 

これについては、審査の結果次第ですが不可能ではありません。頭金は必須ではなく、なくてもマイカーローンの契約自体は可能です。ただし、頭金がない場合、毎月の返済額が大きくなるだけでなく、審査の心証も良くはありません。

 

ディーラー側の斡旋するマイカーローンを組む時には、頭金の有無で審査に影響が出る場合がある点は覚悟しましょう。銀行系のマイカーローンを自分で探す場合には、頭金の概念は必要ありません。必要な金額を借り入れて、ディーラーに現金一括で渡すからです。

 

ただし、銀行系のマイカーローンの方が、ディーラーローンよりも審査は厳しい傾向にあります。厳しい審査に通過ができればお得な低金利マイカーローンが利用できるので、ある程度の収入をお持ちの方は利用を考えてみましょう。

 

初期費用0円で新車が買えるのか

頭金0円でマイカーローンの審査が通った、これなら初期費用0円で新車が買える、いいえ、まだ問題点が1つあります。車を購入する時には、初期費用がかかってきます。例えば自動車取得税などの税金や、納車費用などです。

 

新車購入時には、税金関連だけでも自動車税、自動車取得税、自動車重量税、消費税がかかってきます。他にも、自賠責保険、納車費用、車庫証明取得費用、検査登録手続代行費用、預かり法定費用、ナンバープレート料金などがかかってきます。

 

ここでは1つ1つの詳細の計算はしませんが、こういった諸費用の合計は、車両本体価格の10%~20%程度かかると言われています。それなら車両本体価格が100万円程度だったら初期費用も少ないかもと思われたかもしれませんが、車両価格が低くても20万円程度は覚悟しなければいけません。

 

では初期費用0円で新車を買うのは、厳密には無理なのか、それは意外とあっさり解決する方法があります。ずばり、マイカーローンの中に諸費用関連も組み入れてもらうのです。ディーラーローンならその場で初期費用を含んだ見積もりを出してもらえるので、諸費用もマイカーローンに含むよう依頼するだけでOKです。

 

ちなみに銀行系のマイカーローンの場合でも、ローン対象となるのは車両本体価格だけではありません。諸費用を含める人や、車検費用などでマイカーローンを組む人もいる位です。

 

ただし、こちらについても、頭金0円なのと同様、審査が厳しくなるのは覚悟しなくてはいけません。それでも、諸費用もローンに組みこんでしまえば、初期費用0円で新車を購入するのは不可能ではありません。

 

同じくローンの借り換えとして借りる場合には諸費用を含めて借り換えローンとして借りられるので、今のローン金利が高いと感じているならマイカーローンの借り換えの使い方も考えてみると良いでしょう。

 

できるならば頭金の用意を

結論を言えば、新車購入時の諸費用を含めてローンに組みこんでしまえば、初期費用0円で新車を購入するのは可能です。ただし、先にも言っている通り、審査が厳しくなる点と、毎月の返済の負担が大きくなる点には注意が必要です。

 

それでも、もしも現在緊急で車を欲しがっていて、貯金もそれ程ないのであれば、初期費用0円での新車の購入を検討してもいいかもしれません。そして、もし初期費用0円で新車を購入するのであれば、残価設定型のマイカーローンをお勧めします。